一般クレジットカードについて

クレジットカードで私たちがよく使う一般カードについて説明をする。
一般カードは各社が発行するカードの主力商品である。

 

カードの年会費は1000円前後になるのだが、特定の条件を満たすことで、その年度の年会費が無料になるカードがある。
加入の条件は特にないのだが、学生は入れないカード会社はある。
その場合は、学生専用のカードがある。
利用限度額は100万円前後が一般的であるが、一時的に増額することも可能な会社がある。カード加入時は20万円前後のところが多い。

 

サービスとしては、付帯保険・カード会社専用のポイントがある。
付帯保険はについても、旅行傷害保険・ショッピング保険などがある。
ポイントの付与で有名なのは、JAL・ANAなどの航空会社が行っているマイルや、家電販売店が行っているポイントである。
また、ポイント付与では、一般のポイントカードに比べて有利なポイント付与率になっているところが多い。

 

各社はこのカードの会員数を増やすために、年会費無料やサービス券・商品券の付与・ポイントの付与などを行っている。
ここで、よく一般の人が陥りがちなのは、年会費無料のサービスである。
多くの会社は初年度年会費が無料であるため、2年目からは年会費が請求される。
多くの人は、そのことを忘れてしまい、不必要な年会費を毎年請求されているということがある。
そのため、以前にTV番組で節約術のひとつに、クレジットカードの整理があげられたほどであった。


ゴールドカードの説明

ゴールドカードは主に金色のカードをさす。
年会費は無料のところはなく、1万円から2万円が大半だが、最近はゴールドカードの加入者を増やす目的で、3000円から5000円程度の年会費で加入できる会社もある。
一般カードに比べて割高なため、一般カードに比べていろいろなサービスが異なる。

 

付帯保険は一般カードに比べてさまざまな差別化が図られているところが多い。
海外旅行傷害保険については、一般カードでは、100万円から2000万円程度の保険がつくが、ゴールドカードでは、5000万円以上が一般的になる。

 

ショッピング保険については、一般カードについていない、盗難保険・破損保険がついているところが多い。
ポイントの付与についても、一般カードに比べて付与率がよいところが多く、2倍以上のところが多い。
さらに銀行系のカードでは、トラベラーズチェックの手数料を無料にしたり、管理料を無料にするサービスがある。

 

そして、一般カードには使えない、空港の専用のラウンジサービスを無料で使える。
このラウンジサービスでは、無料でソフトドリンク・アルコールドリンクが飲めたり、新聞・雑誌、そしてシャワーを浴びることができたりするので、飛行機のトラブルなどで予定より大幅に遅れる場合は重宝するサービスのひとつである。
ゴールドカードの加入の条件については、最近は年会費を払うことだけが条件のところもあるが、一般的には年収・年齢を条件にしているところが多い。


またクレジットカードを作るのには基礎知識も大切です。様々な手続きがありますので、ちゃんと把握しておきましょう。そうした場合、下記のようなサイトで解説をしていますので選び方も含め把握しておきましょう。

クレジットカードを徹底比較できる

様々なおすすめクレジットカードの比較ができて、作り方も解説しているサイト。

数あるクレジットカードでおすすめなのは?

クレジットカードは日本だけでも何千種類も発行されています。そんな中でクレジットカードおすすめなのはどのカードでしょう?

ポイント還元率やマイレージ、海外保険など様々な要素を検証しましょう。比較サイトも多数ありますので参考にするのもよいでしょう。